アップデート情報 — 日本語
現在位置: ホーム アップデート情報

アップデート情報

アップデートのリンクを収集
Re: Newbie - scripts to plot susceptibility and specific heat
I also attache a script (flct.pl) for calculating temperature dependence of <Sz> and chi.
Re: Newbie - scripts to plot susceptibility and specific heat
Dear Katukuri Thank you for using HPhi ! In the TPQ calculations, temperature dependence of Energy <H> and its square <H^2> are output in SS_rand#.dat (# represents the number of bins). From this the specific heat is calculated by C= (<H^2>-<H>^2)/T^2. Attached  Ave.pl is a perl script for calculating temperature dependence of the energy, the specific heat, and other physical properties. In a similar way, total Sz <Sz> and its square <Sz^2> are output in Flct_rand#.dat. The uniform susceptibility chi can be calculated by chi = (<Sz^2>-<Sz>^2)/T. However, please note that, this expression of chi is only valid for the Sz-conserved systems. To obtain the uniform susceptibility for Sz-non-conserved systems such as the Kitaev model, it is necessary to apply the small but finite magnetic field H explicitly. By applying the magnetic field H, from the temperature dependence of <Sz>, uniform susceptibility is calculated as chi = <Sz>/H. Best, Takahiro Misawa
Re: Newbie - scripts to plot susceptibility and specific heat
I guess Dr. Yamaji has such a script and will soon answer this. Mitsuaki Kawamura
Newbie - scripts to plot susceptibility and specific heat
Dear Developers, I am new to using HPhi. I am interested in obtaining Chi and Cp for spin Hamiltonians. If I understand correctly, I will have to write my own script to obtain those from the TPQ (something I am still trying to understand) output. Are there any scripts available already. If not, could you please steer me to write them. Thanks and regards Vamshi
HPhi version 2.0.1 is released !
HPhi開発チームの河村です。 HΦ バージョン2.0.1をリリースしました。 https://github.com/QLMS/HPhi/releases/download/v2.0.1/HPhi-2.0.1.tar.gz このバージョンではいくつかのバグフィックスと、マニュアルの修正・追記が行われています。 詳しくはリリースノートをご覧ください。 https://github.com/QLMS/HPhi/releases/tag/v2.0.1
Re: xTAPP開発版170619
hmatr2bndの変更によって、これまでの平行6面体内に実格子をとる場合に比べて、補間されたバンドのなめらかさが向上するはずです。k点の濃度が大きい極限で両方の方法は一致した結果になります。
xTAPP開発版170619
xTAPP開発版170619を公開しました。 任意の形状の計算セルを最局在wannier関数の計算で利用できるようになりました。 最局在ワニエ関数の計算においてinner windowを利用できるようになりました。 wannier関数で補間したバンド図を計算するhmatr2bndが利用する中間ファイル.hmatrのフォーマットが変更されました。hmatr2bndは補間に用いる実格子点位置をWigner Seitzセルの中にとるようになりました。
ver. 1.0.1リリースのお知らせ
多変数変分モンテカルロ法に基づく格子模型シミュレーター mVMC バージョン1.0.1がGitHub上にてリリースされました。 多変数変分モンテカルロ法に基づく格子模型シミュレーター mVMC バージョン1.0.1がリリースされました。以下のWebページからダウンロードできます。 https://github.com/issp-center-dev/mVMC/releases/tag/v1.0.1 本バージョンアップでは、主に以下のバグ修正を行っています。 DH4タイプの入力ファイルの読み込みが正しく行われないバグを修正。 idx_startが1以外の時にフーリエ変換ユーティリティーの読み込みが正しく行われないバグを修正。 その他、詳細に関しては上記のWebページのリリースノートをご覧ください。
Re: Free energy from TPQ calculations
Hi, thank you all for your kind replies! The implementation of the canonical TPQ algorithm would be of course extremely nice! The method of Dr. Yamaji to integrate the specific heat is of also a very good solution, which I will try. Thanks a lot so far! Best regards!
Re: Free energy from TPQ calculations
Dear Mitsuaki: In that paper, we just integrated heat capatcity.   Bests, Youhei
Re: Free energy from TPQ calculations
Dear Dr. Yamaji Thank you for your reply ! In your study (PRL 113, 107201), how did you obtain the entropy ?  The canonical algorithm or the integration of the inverse temperature with respect to the energy ? Best regard, Mitsuaki Kawamura
Re: Free energy from TPQ calculations
Hi! To calculate free energy and entropy, the canonical TPQ algorithm (Sugiura & Shimizu, PRL 2013) is a better way. Within this fiscal year, we will implement the canonical TPQ as an optional choice.
Re: Free energy from TPQ calculations
I think some HPhi users have a script (python etc.) to compute those quantities. Mitsuaki
Re: Hubbard Model with magnetic field in standard mode?
Dear Mr. Kawamura, thank you very much for the patch! Really kind from you! Best regards.
Re: Hubbard Model with magnetic field in standard mode?
Dear TMueller83   Hello. That is not available in the latest released HPhi. I attach a patch for computing the Hubbard model with a magnetic field. Please apply this in the HPhi-2.0.0 directory as follows. $ gunzip StdFace.diff.gz $ patch –p1 < StdFace.diff   Best regards, Mitsuaki Kawamura  
Free energy from TPQ calculations
Hi, as far as I understand the docs, results for the free energy or the entropy are not directly computed or written to the output files in the TPQ calculations. Therefore I would like to ask you, what would be the best way to obtain these observables? I think one way to obtain the entropy would be to integrate the inverse temperature by the energy, but maybe there is a more direct way to obtain S? Thank you in advance! Best regards, and keep up the great work!
Hubbard Model with magnetic field in standard mode?
Hi, I wonder if it is possible to use Standard mode to run calculations for the Hubbard model with an external magnetic field along the z-direction. I was thinking to use spin-dependent hopping elements (site-energies) t_{ii up} and t_{ii down} for all lattice sites i or a spin-dependent chemical potential mu_up and mu_down , but as far as I understand the docs both seems to be not possible. Is there a simple way to do this in standard mode or do I have to use expert mode for that? Thank you in advance! Best regards, and keep up your great project!
Re: CCMSハンズオン講習会開催のお知らせ
HΦ MLメンバーの皆様 物性研の河村です。 先ほどのメールにて、開催日の曜日が間違っていたため訂正して再送いたします。ご迷惑おかけして申し訳ありません。   クロスポストご容赦願います。 東京大学物性研究所計算物質科学研究センター(issp-CCMS)では、 今年度もハンズオン講習会を開催いたします。 今回は量子格子模型に対して数値対角化および熱的純粋量子状態を用いた有限温度計算 を行なうオープンソースアプリケーションHΦ ver.2 (2017年4月リリース)に関する 講習会についてご案内いたします。 以下、概要です。 CCMSハンズオン:HΦ講習会 日時:2017年6月29日(木) 13:00-17:30 場所:東京大学柏の葉キャンパス駅前サテライト 定員:8名 講師: 山地洋平(東京大学 大学院工学系研究科) 三澤貴宏(東京大学 物性研究所) 吉見一慶(東京大学 物性研究所) 河村光晶(東京大学 物性研究所) 内容: 講習会ではHΦの概要と基本的な使い方を、 PC上で実際にHΦに触れていただきながらお伝えします。 また、2017年4月にリリースされたHΦ ver2.0の 新機能(動的物理量計算・LOBCG法による励起状態計算など)についても紹介します 実験研究者や大学院生のご参加を歓迎いたします。 講習会に関する詳細および申し込み方法については http://ccms.issp.u-tokyo.ac.jp/events/eventsfolder/handson_HPhi_2017 をご覧ください。
Re: Bug Reports / バグレポート
コメントどうもありがとうございます。確かにすべて *_CA*.vps になってしまいますね。対応するまで、お待ち下さい。
Re: Bug Reports / バグレポート
C-ToolsでOpenMXのinputを作成するときに、交換相関汎関数としてPBEを指定してもLSDA用の擬ポテンシャル(vps)ファイルが指定されるようです。