アプリ一覧 — 日本語
現在位置: ホーム アプリ一覧

アプリ一覧

公開度について
0 ☆☆☆ 非公開・商用。 1 ★☆☆ 使用には事前相談が必要。2 ★★☆ バイナリファイルを配布。3 ★★★ オープンソースコードを配布。

ドキュメントの充実度について
★0-3でドキュメントの充実度を表しています(充実度の詳細はこちらに記載してあります)。

FEMME

公開度:0 ☆☆☆ ドキュメント充実度:3 ★★★ 産業用磁気デバイスの設計に適したマイクロ磁気シミュレーションプログラム。ハードディスクのヘッドの読み込みや書き込み、メディアへの記録、MRAMデバイスなどにおける磁化の空間分布を取り扱うことができる。モンテカルロ法による長時間スケールの計算や、熱雑音の計算も可能で、粒状体をモデリングする機能も備えている。

もっと読む

feram

feram

公開度:3 ★★★ ドキュメント充実度:2 ★★☆ [pickup app]  強誘電体を対象とした高速分子動力学シミュレーター。双極子相互作用を効率よく取り扱うことで、原子変位に関する分子動力学計算を高速に行うことができる。FeRAM(強誘電体ランダムアクセスメモリ)で重要となる数十nmの微細な強誘電性薄膜の物性を、形状や不活性層の効果などを制御しながらシュミレーションを行うことが可能。

もっと読む

FermiSurfer

FermiSurfer

公開度:3 ★★★ ドキュメント充実度:2 ★★☆    フェルミ面の可視化を行うアプリケーション。最小限の入力データからFermi面の描画およびFermi面上での任意のスカラー量(Fermi速度の絶対値や超伝導ギャップ等)のカラープロットを行う。簡単なGUIを備えており、裸眼立体視画像やノーダルライン等の表示/非表示をスムーズに切り替えることができる。

もっと読む

FHI-aims

公開度:0 ☆☆☆ ドキュメント充実度:2 ★★☆   原子基底を用いた全電子計算法に基づく第一原理計算アプリケーション。広範な物理系に対して高精度の電子状態計算を行う。ハイブリッド汎関数を含む多くの汎関数セットを有し、相対論効果、多体摂動論、GW法などにも対応している。100種を超える元素を扱えるほか、デスクトップから1万CPU程度の計算機まで高い並列効率を保つ。

もっと読む

FieldView

公開度:0 ☆☆☆ ドキュメント充実度:2 ★★☆   流体解析などの結果の可視化を行う商用のアプリケーション。大規模かつ非定常なデータを取り扱うことができ、多様なソルバー・メッシュタイプの選択が可能。スカラー場・ベクトル場の評価に必要な多くの機能を搭載し、スクリプトを用いた自動評価・カスタマイズ、複数データセット同期アニメーションなど、高度な可視化が可能。

もっと読む

Firefly

公開度:2 ★★☆ ドキュメント充実度:2 ★★☆   非経験的量子化学計算を行うアプリケーション。ハートリー-フォック理論、密度汎関数理論、多体摂動論、配位間相互作用理論など、様々な量子化学理論を用いた分子の電子状態計算が可能。GAMESS-USをインテル互換CPU 用に特化させたものであるが、最近発展した計算手法(CC法やFMO法など)は含まれない。

もっと読む

FLEUR

公開度 : 3 ★★★ ドキュメント充実度 : 2 ★★☆ 全電子計算法に基づくオープンソースの第一原理計算アプリケーション。周期表のほぼ全ての原子について密度汎関数法による高精度な電子状態計算を行うことができる。LDA+U法、スピン軌道相互作用・ノンコリニアー磁性の取り扱い、GW近似による計算、 cRPA法による有効模型構築にも対応している。

もっと読む

Flexible DM-NRG

公開度 : 3 ★★★ ドキュメント充実度 : 2 ★★☆ 数値繰り込み群法の計算を行うアプリケーション。近藤模型やアンダーソン模型などで記述される磁性不純物問題を解くことができる。代表的な模型の入力ファイルが用意されており、入力ファイルを修正することで一般の磁性不純物模型も取り扱うことも可能。入力ファイル作成を補助するMathematicaプログラムが付属している。

もっと読む

FMO in GAMESS

FMO in GAMESS

公開度:3 ★★★ ドキュメント充実度:2 ★★☆ [pickup app]  全系を小さなフラグメントに分割して計算することにより、巨大分子・分子系の分子軌道計算を高効率に行うソフトで、量子化学計算プログラムGAMESSに組み込まれている。タンパク質とリガンドの間の相互作用評価など、生体高分子の構造と機能に関するさまざまな知見を得ることができる。

もっと読む

FPLO

公開度 : 0 ☆☆☆ ドキュメント充実度 : 2 ★★☆ 局在基底・全電子計算法に基づく第一原理計算アプリケション。通常の全電子計算法(Full-potential LAPW法)に比べ、基底の数を減らしながらも精度を保つことにより、高速の電子状態計算が可能。コヒーレントポテンシャル近似(CPA)による不規則構造の計算ができ、相対論効果やLSDA+Uの取り扱いも可能。

もっと読む

fu

公開度:2 ★★☆ ドキュメント充実度:1 ★☆☆ [pickup app]  巨大分子の構造モデリングのためのGUIプログラム。fumodelとfuplotの二つのプログラムからなる。前者はFMO in GAMESSの入力データ作成支援機能を含む。後者は、FMO計算結果をグラフ描画するためのソフトウェアである。

もっと読む

FullProf

公開度:2 ★★☆ ドキュメント充実度:2 ★★☆   X線・中性子回折実験のリートベルト解析を行うアプリケーション。粉末試料のX線・中性子実験のデータから物質の格子定数、原子座標を算出するためのソフトウェア。WindowsとLinuxに対応しており、WindowsにおいてはWinPLOTRというグラフィカルユーザーインターフェース(GUI)も利用できる。

もっと読む

GAMESS-UK

公開度:0 ☆☆☆ ドキュメント充実度:2 ★★☆   非経験的量子化学計算を行うアプリケーション。ハートリー-フォック法、密度 汎関数理論、多体摂動論、配位間相互作用理論などを用いた分子の電子状態計算が可能。イギリス国内でのアカデミック利用のみ無償で、そのほかは有償。歴史的にGAMESS-USと共通のコアプログラムを有するが、それ以降に発展した機能は異なる。

もっと読む

GAMESS-US

公開度:3 ★★★ ドキュメント充実度:2 ★★☆   非経験的量子化学計算を行うオープンソースアプリケーション。ハートリー-フォック理論、密度汎関数理論、多体摂動論、配位間相互作用理論などを用いた分子の電子状態計算を行う。無償ながら精力的な開発により高品質・高機能な コードを維持しており、世界的に多くのユーザーを有する。歴史的にGAMESS-UKと共通のコアプログラムを有する。

もっと読む

GASP

公開度:3 ★★★ ドキュメント充実度:2 ★★☆ 遺伝的アルゴリズムに基づく構造予測を行うアプリケーション。結晶、分子、原子クラスターなどの安定な構造・組成を、第一原理計算や分子動力学を用いて予測する。VASP、LAMMPS、MOPAC、GULP、JDFTxなどの様々なコードとのインターフェイスを持ち、並列化されたアーキテクチャにおいても効率的に動作する。

もっと読む

Gaussian

公開度:0 ☆☆☆ ドキュメント充実度:3 ★★★   非経験的量子化学計算を行う有償のプログラムパッケージ。多くの量子化学計算理論(ハートリー-フォック理論、密度汎関数理論、配位間相互作用理論など)に基づく分子のシミュレーションが可能。構造最適化や遷移状態計算などを高速で行うことができ、分光学的物理量を容易に得ることができる。世界的に多くのユーザーを有する。

もっと読む

GaussView

公開度 : 0 ☆☆☆ ドキュメント充実度 : 2 ★★☆ 有名な量子化学計算ソフトであるGaussianシリーズの純正可視化アプリケーション。有償・ソース非公開だが、分子モデルの構築、パラメータの設定、ジョブの管理、計算結果の表示など、多岐にわたる機能を有する。Gaussianの入力ファイル作成と各種出力ファイルを用いた結果の可視化のほか、Sybyl, Molden, PDB, CIFの構造フォーマットも読み書きできる。

もっと読む

GENESIS

公開度:3 ★★★ ドキュメント充実度:2 ★★☆ 生体分子シミュレーションを行うオープンソースの分子動力学アプリケーション。京コンピュータを始めとした超高並列環境に対応しており、タンパク質や生体分子の分子動力学計算を高速で行う事ができる。全原子計算と粗視化モデル計算の両方に対応しており、レプリカ交換法などの拡張アンサンブル計算も可能。GPLライセンスで公開されている。

もっと読む

GISP

公開度:3 ★★★ ドキュメント充実度:2 ★★☆ 分子動力学計算を学ぶための教育支援アプリケーション。Gromacs用のユーザーインターフェースとなっており、GUIから計算したいPDBファイルを選択する事でコマンドラインの入力無しに溶媒と溶媒中のタンパク質の計算を行う事が可能。

もっと読む

GPAW

公開度:3 ★★★ ドキュメント充実度:3 ★★★   PAW法による第一原理計算を行うオープンソースアプリケーション。実空間差分法もしくは原子局在基底により、密度汎関数法やGW近似に基づく電子状態計算を行う。Atomic Simulation Environment(ASE)アプリを利用して計算のセットアップを行う。Cとpythonでコーディングされており、GPLに基いて公開されている。

もっと読む