QMAS — 日本語
現在位置: ホーム アプリ一覧 QMAS

QMAS

公開度:1 ★☆☆ ドキュメント充実度:1 ★☆☆ 平面波基底・Projector Augmented Wave(PAW)法を用いた第一原理計算プログラム。広範な物質に対して、電子状態や各種物性値を効率よく高精度に計算する。構造最適化に加え、静磁場下の電子状態、原子スケールでの誘電率分布、エネルギー・応力分布、陽電子状態・消滅パラメータなどの計算機能を実装する。最局在ワニエ軌道を用いた電子状態の解析、スピン軌道相互作用/ノンコリニア磁性を直接考慮した電子状態計算も可能である。

代表的な開発者

石橋 章司(産業技術総合研究所)、三宅 隆(産業技術総合研究所)、田中 真悟(産業技術総合研究所)、香山 正憲(産業技術総合研究所)、寺倉 清之(北陸先端科学技術大学院大学)

対象物質・モデル

金属・無機化合物・有機化合物など凝縮系一般、それらの表面・界面、それに不純物や格子欠陥を導入した系

手法

第一原理計算、PAW, LDA, LSDA: PZ-CA, GGA: PBE96, LDA+U, GGA+U。

求められる物理量

電荷(スピン)密度、電子バンド分散、電子状態密度、自発分極、静電場下の電子状態、原子スケール誘電率分布、エネルギー・応力分布、陽電子状態・消滅パラメータなど。

アプリを利用できる環境

Linux系のクラスタ計算機、東大・名大・筑波大の並列計算機システム、および、「京」で正常動作確認済。

ライセンス

利用に際して、開発者との事前相談が必要。

代表論文

-

リンク

http://qmas.jp/

http://pal.ims.ac.jp/pal/8000.php?t_application_id=8XJM