擬ポテンシャル法 — 日本語
現在位置: ホーム キーワード解説 擬ポテンシャル法

擬ポテンシャル法

内殻電子軌道は化学結合にほとんど寄与しないことから、その影響を有効的なポテンシャル(擬ポテンシャル)に押し込めることで、計算量を減らすことができる。これによって、比較的緩やかに空間変化する外殻軌道のみを考慮すればよくなり、特に平面波基底を用いる場合に基底関数系の大きさを抑えることができる。

関連キーワード:平面波基底

関連ソフトウェア一覧