mVMC — 日本語
現在位置: ホーム アプリ一覧 mVMC

mVMC

公開度: 3 ★★★ ドキュメント充実度: 2 ★★☆ 広汎な多体量子系の有効模型(多軌道ハバード模型、ハイゼンベルグ模型、近藤格子模型など)の基底状態の高精度な波動関数を変分モンテカルロ法によって数値的に求める有効模型ソルバーパッケージ。グッツヴィラー・ジャストロー、ダブロン-ホロン束縛因子の相関因子を取り扱うことが可能であり、一万以上の変分パラメータを最適化することが可能である。また、量子数射影によって量子数を指定することで低エネルギー励起状態も求めることが可能である。

代表的な開発者

三澤貴宏(東京大学 物性研究所), 森田悟史(東京大学 物性研究所), 大越孝洋(東京大学 工学系研究科), 井戸康太(東京大学 工学系研究科), 今田正俊(東京大学 工学系研究科), 吉見一慶(東京大学 物性研究所), 河村光晶(東京大学 物性研究所), 加藤岳生(東京大学 物性研究所)

アプリケーションの最大の魅力

ハバード模型・近藤模型・ハイゼンベルグ模型などの量子格子模型に対して、変分モンテカルロ法によって高精度な基底状態の計算を行うことができます。 磁気秩序・電荷秩序などの通常の秩序に加えて異方的超伝導状態なども取り扱えることが最大の魅力です。

対応OS

東京大学物性研究所スーパーコンピューターシステムB「sekirei」、システムC「maki」 Linux PC + intelコンパイラ、Linux PC + gcc、Mac + gcc、Mac + intelコンパイラ

並列化対応

MPI並列・OpenMP並列に対応。京コンピュータでの高速動作の実績あり。

ライセンス

GNU General Public License version 3
本ソフトウェアは2016年度 東京大学物性研究所 ソフトウェア高度化プロジェクトの支援を受け開発されています。

(*) mVMCを引用する際には、以下のURLを記載してください
(mVMCに関する代表論文執筆後は、そちらへの引用に変更する予定です)。
URL: https://github.com/issp-center-dev/mVMC

代表論文

リンク

 

ダウンロード